株式会社日建コンサルティング

地盤業務の調査から保証まで- 日建セレクトプラス -

スクリュープレス工法

スクリュープレス工法・・・
  • 砕石を円柱状に締固め、砕石のパイルを作成する改良工事です。
  • 安心な建築技術性能証明取得工法です。
  • 砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支え、安定した地盤になります。
  • セメント系固化剤を使用しない工法です。
  • 環境に優しい天然由来の単粒砕石を使用し、土地の資産価値を守ります。
新工法認定工法高品質資産価値エコ近隣対策

施工中写真

完工写真


 最適な敷地 

  • 軟弱な地盤が連続している場合。
  • 液状化発生の可能性が高い地域の場合。
  • セメント系固化材を使用しての施工に抵抗のあるお施主様。
  • 水位が高く、セメント系工法では固化不良の可能性がある場合。
 スクリュープレス工法 施工手順 

  1. 圧密しながら削孔。エアーの吐出しで地下水位を低下させる。
  2. 現地盤は圧密される事で、支持力が上がり、掘削残土が出ない。
  3. 周辺水位を一時的に下げ、崩壊しない削孔壁を構築する。
  4. 砕石を投入し、地下水位が上昇しないように、エアーを先端より噴出しながら押圧ロッドで押圧する。
  5. 押圧ロッドの大きな押圧力で砕石を圧入。(砕石投入量は掘削体積に対し1.2~2倍)
  6. GLまで砕石柱を形成し、最後に設計地耐力以上の荷重で転圧を行う。

   工法種別
比較事項
表層改良 柱状改良 鋼管杭 備考
コスト スクリュープレス工法天然砕石を使用する為、検討次第では、柱状改良に比べて少しコストが高くなる
工期 スクリュープレス工法には養生期間は無く、工期短縮の実現が可能
施工品質 柱状改良における腐植土等による固化不良事故がスクリュープレス工法では無い為、安定した施工が可能
ECO 天然由来の単粒砕石の為、産業廃棄物にならず、将来の建て替え時の撤去が必要ありません
残土 排土ゼロの工法の為、残土処分は出ません
性能証明 スクリュープレス工法は、GBRC性能証明第16-06号を取得し、安心の工法です

お問い合わせ