株式会社日建コンサルティング

地盤業務の調査から保証まで- 日建セレクトプラス -

MS工法

MS工法とは・・・

一般的な柱状改良や鋼管工事が設計出来ないほどの軟弱地盤に対し、比較的ローコストで提供可能な地盤改良工事です。建物の基礎形状に合わせて格子状に表層部分の地盤を固めます。「建築技術性能証明」取得の工法なので安心です。

認定工法高品質工期短縮狭小地対応可能近隣対策

施工中写真
MS工法

完工写真
MS工法


 最適な敷地 

  • 盛土がなく、建て替え等の地盤の場合。
  • 表層から2.0m以内に500N自沈が連続しない地盤の場合。
  • 施工現場、または施工搬入路が狭小地の場合。
  • 支持層が深く、傾斜でない地盤の場合。
 MS工法 施工手順 

  1. 所定の深度まで掘削を行う。
  2. セメント系固化材を投入する。
  3. バックホーで固化材を均質になるように混ぜ合わせる。
  4. 仕上げに振動ローラで転圧し、締め固めを行う。
   工法種別
比較事項
表層改良 柱状改良 MS工法 備考
コスト MS工法は材料の量を表層改良よりも抑え、残土も少なく済む為コストを抑える事ができる。
工期 セメント系固化剤を使用するため、養生期間が必要となる
施工品質 均等にセメント系固化材を混合攪拌を行う為、安定した施工が可能
ECO 表層改良工事と比べて、 残土や残材が少なく済み、固化材も少なく済む
残土 S工法は残土は少なからず出るが、表層改良工事と比べて残土量が少ない
性能証明 MS工法はGBRC性能証明第ll -0 l号改2を取得し、 どの地盤保証会社でも採用可能

お問い合わせ