株式会社日建コンサルティング

地盤業務の調査から保証まで- 日建セレクトプラス -


表層地盤改良工事

[最適な敷地]

  • 表層から 2.0m以内が軟弱な地盤の場合。
  • 施工現場、または施工搬入路が狭小地の場合。
  • 固化材の選定により、ほとんどの地盤に対応可能。
ローコスト狭小地対応可能
VIDEO[準備中]

表層地盤改良工事

表層地盤改良工事についての詳細はこちらから


湿式柱状地盤改良工事

[最適な敷地]

  • 2.0m— 8.0m以内が軟弱な地盤の場合。
  • 固化材の選定により、ほとんどの地盤に対応可能。
ローコスト
VIDEO[準備中]

湿式柱状地盤改良工事についての詳細はこちらから


鋼管杭工事

[最適な敷地]

  • 支持層が深く、軟弱な地盤が連続している場合。
  • 腐植土が存在する可能性がある場合。
  • セメント系固化材を使用しての施工に抵抗のあるお施主様の場合。
  • 近隣宅地が密集し、セメント系工事での粉塵トラブルを避けたい場合。
高品質資産価値エコ近隣対策工期短縮
VIDEO[準備中]

鋼管杭工事ついての詳細はこちらから


MS工法

[最適な敷地]

  • 盛土がなく、建て替え等の地盤の場合。
  • 表層から2.0m以内に500N自沈が連続しない地盤の場合。
  • 施工現場、または施工搬入路が狭小地の場合。
  • 支持層が深く、傾斜でない地盤の場合。
認定工法高品質工期短縮狭小地対応可能近隣対策
VIDEO[準備中]

MS工法についての詳細はこちらから


GRRシート工法

[最適な敷地]

  • 深層部まで支持層がない場合。
  • 施工現場が文化財埋蔵地エリアに該当する場合。
  • 施工現場・ 施工搬人ろが狭小地の場合。
  • 土地の資産価値を下げたくないお施主様の場合。
認定工法高品質資産価値エコ近隣対策工期短縮
VIDEO[準備中]

GRRシート工法についての詳細はこちらから


タイガーパイル工法

[最適な敷地]

  • 軟弱な地盤が深層部まで連続している場合。
  • 施工現場、または施工搬入路が狭小地の場合。
  • 腐植土、有機質土がある地域の場合。
認定工法高品質超軟弱地盤対応可能狭小地対応可能
VIDEO[準備中]

タイガーパイル工法についての詳細はこちらから


ピュアパイル工法

[最適な敷地]

  • 軟弱な地盤が連続している場合。
  • 腐植土が存在する可能性がある場合。
認定工法高品質高強度ローコストエコ近隣対策工期短縮
VIDEO[準備中]

ピュアパイル工法ついての詳細はこちらから


ハイスピード工法

[最適な敷地]

  • 軟弱な地盤が連続している場合。
  • 液状化発生の可能性が高い地域の場合。
  • セメント系固化材を使用しての施工に抵抗のあるお施主様の場合。
  • 水位が高く、セメント系工法では固化不良の可能性がある場合。
認定工法高品質資産価値エコ近隣対策
VIDEO[準備中]

ハイスピード工法についての詳細はこちらから


エコジオ工法

[最適な敷地]

  • 軟弱な地盤が連続している場合。
  • 液状化発生の可能性が高い地域の場合。
  • セメント系固化材を使用しての施工に抵抗のあるお施主様の場合。
  • 水位が高く、セメント系工法では固化不良の可能性がある場合。
認定工法高品質資産価値エコ近隣対策
VIDEO[準備中]

エコジオ工法についての詳細はこちらから


CPP工法

[最適な敷地]

  • 軟弱な地盤が連続している場合。
  • 腐植土が存在する可能性がある場合。
  • セメント系固化材を使用しての施工に抵抗のあるお施主様の場合。
  • 近隣宅地が密集し、セメント系工事での粉塵トラブルを避けたい場合。
新工法認定工法高品質資産価値ローコストエコ近隣対策工期短縮
VIDEO

CPP工法についての詳細はこちらから

お問い合わせ