株式会社日建コンサルティング

地盤業務の調査から保証まで- 日建セレクトプラス -

表層地盤改良工事

表層改良とは・・・

造成や解体工事などで弱くなってしまった地盤の表層部分を締め固めます。杭工事よりも比較的安価に工事ができます。住宅密集地ではセメント系固化材の飛散によるトラブルを防止するために低発塵型固化材の使用をおススメしております。

ローコスト狭小地対応可能

施工中写真

完工写真


 最適な敷地 

  • 2.0m— 8.0m以内が軟弱な地盤の場合。
  • 固化材の選定により、ほとんどの地盤に対応可能。
 表層改良の施工手順 

  1. 所定の深度まで掘削を行う。
  2. セメント系固化材を投入する。
  3. バックホーで固化材を均質になるように混ぜ合わせる。
  4. 仕上げに振動ローラで転圧し、締め固めを行う。
   工法種別
比較事項
表層改良 柱状改良 鋼管杭 備考
コスト 表層改良は比較的安価で施工が可能
工期 セメント系固化剤を使用するため、養生期間が必要となる
施工品質 その土地の土質によって、施工品質にバラツキが出る
ECO セメント系固化材と現場の土と撹拌し改良地盤を造るため、解体後は産業廃棄物処理となる
残土 セメントを入れるため、残土が発生する。その土地の土質によって場合によっては、土が膨らみ、残土が多く出ることもある

お問い合わせ