株式会社日建コンサルティング

地盤業務の調査から保証まで- 日建セレクトプラス -

ハイスピード工法

ハイスピード工法とは・・・
  1. 砕石を円柱状に締め固め、砕石のパイルを作成する改良工事です。
  2. セメント系固化材を使用しない認定工法です。
  3. 砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支え、安定した地盤になります。
  4. 環境に優しい天然由来の単粒砕石を使用し、士地の資産価値を守ります。
認定工法高品質資産価値エコ近隣対策

施工中写真

完工写真


 最適な敷地 

  • 軟弱な地盤が連続している場合。
  • 液状化発生の可能性が高い地域の場合。
  • セメント系固化材を使用しての施工に抵抗のあるお施主様の場合。
  • 水位が高く、セメント系工法では固化不良の可能性がある場合。
 ハイスピード工法 施工手順 

  1. ySPEEDドリル(直径400mm)により地盤を掘削
  2. 天然砕石(直径20 ,._, 40mm)を投人
  3. 砕石厚30cm程度にハンマー転圧(ピストンバブル)を行い、十分締め固めをしながら、地表まで砕石パイルを構築します。
   工法種別
比較事項
鋼管杭 柱状改良 PP工法 備考
コスト ハイスピー ド工法は天然砕石を使用する為、柱状改良に比べ少しコストが高くなる
工期 ハイスピー ドエ法には養生期間は無く、 工期短縮の実現が可能
施工品質 柱状改良における腐植土等による固化不良事故がハイスピー ド工法では無く、 安定した施工が可能
ECO 天然由来の単粒砕石の為、 産業廃棄物にならず、将来の建て替え時に撤去の必要がありません
残土 ハイスピー ドエ法では残土が出てしまうが、 砕石の入った良質土で再利用可能
性能証明 ハイスピー ド工法はGBRC性能証明第9-20号改3を取得し、 地盤保証会社でも採用可能

お問い合わせ